中国国際輸入博覧会2019 海外出展レポート

中国国際輸入博覧会2019 海外出展レポート

2019.11.15

UTS Japan株式会社のサイトにお越しいただき、ありがとうございます。
広報担当の竹村と申します!

「中国国際輸入博覧会」を検索して、こちらのサイトにたどり着いたということは「中国国際輸入博覧会の状況を知りたい方」中国国際輸入博覧会に興味のある方」なのではないでしょうか?

海外の展示会は情報も少なく「規模がすごかった!」「日本とは違うよね!」という会話だけになってしまい、「実際のところどうなの?」「費用対効果はあるの?」というところの情報はなかなか聞けないのが現状です。

特に上海で開催される中国国際輸入博覧会に関しては、開催が2回目ということもあり、情報があまりなく、出店を検討されたままの企業さんも多かったことと思います。

そんな海外にチャレンジしたい経営者さん、そして海外事業担当者様に、今回の中国国際輸入博覧会(China International Import EXPO2019)の様子、そして、参加するメリット・デメリット、JETROから参加することの意味などもごをどこよりも詳しく紹介させていただきます。ぜひ来年の参考になれば幸いです!

中国国際輸入博覧会とは?開催場所、規模について

国家会展中心HPより

・正式名称

中国国際輸入博覧会(China International Import Expo)
CIIEと略されることもあります。

・開催場所

国家会展中心(National Exhibition and Convention Center (shanghai))
上海虹橋空港(上海虹桥国际机场)の近くに会場があります。

・過去の来場者数

2018年の出展数は 3,617社、40万人のバイヤー登録。
来場者数約 80万人とされています。

2019年の現時点では、50万人のバイヤーが事前登録を行っていたそうです。
(2019年の速報が入り次第、追記します!)

中国国際輸入博覧会2019

・2019年の最新情報

103ヶ国、地区からの1,367企業が出展し、3,258社のバイヤー企業と商談。
2,160件の成約があああり、成約額は711億ドル(約8兆円)
2018年の成約額は578億ドル(約6兆円)でした。

・展示面積

2019年は東京ドーム8個分にあたる計36万平方メートル。
(2018年よりも2割広くなったそうです!)

・2020年の開催予定(CIIE2020)

中国国際輸入博覧会2020年は、
2020年11月5日(木)〜10日(火)に開催される予定です。

中国国際輸入博覧会の開催の背景にある貿易摩擦

弊社代表の古閑に、中国国際輸入博覧会の開催背景を伺いました。

竹村「中国国際輸入博に初めて参加させていただいたのですが、すごい活気ですね!実際、中国の市場は大きく、様々な展示会がありますが今回の展示会について教えてください!」

古閑「様々な種類の博覧会(展示会)が1年を通して行われますが、今回の中国国際輸入博覧会は特に政治色の強い展示会となっています。その背景には米中貿易摩擦の存在があります」

竹村「米中貿易摩擦は、日本でもニュースで取り上げられますね」

古閑「中国はこれまで、中国国内で工場をつくり、製品をつくり、輸出をすることで外貨を得てきました。国内で工場ができることで、国内の技術レベルも必然的に上がってきました。気づけば、輸出によって得られる収入は膨大なものとなってきました」

古閑「トランプ政権に政権交代をした後、アメリカは貿易の見直しを行いました。対中国の貿易赤字などを不当として、はじめは工業製品、そして、徐々に市民の消費に関わる物品にまで課税対象を広げていきました」

竹村「図にまとめると、このようなイメージですね」

米中貿易摩擦

竹村「中国もアメリカ製品に対して関税をかけて対抗しているので、まさに貿易戦争ですね!」

古閑「中国としても、アメリカに対しては強固な姿勢を、そして、同時に自分の国民に対しても真摯な対応をしていきたいわけです。課税により、国内の値段が上がるだけではなく、国民(一般消費者)が触れるものに関して、国外からよりよい商品を取り入れる姿勢を見せたいというのが正直なところ!」

古閑「また同時に、市場を開放してほしい!という目を世界から向けられている中国としては、『市場を開放してますよ!』ということを国外にしっかりアピールするための場として、今回の中国国際輸入博覧会というのは重要なものになります。だからこそ、国内の業界からは、政治色の強い展示会だと言われています」

中国国際輸入博覧会の特徴とは?

1)習近平国家首席も訪れる、国家を挙げたプロジェクト

先ほどの章でも述べたように、米中貿易摩擦の件もあり、国内外に向けて中国の盤石な国家の姿を見せるために。開会式には、習近平国家首席が挨拶に訪れ、各国から来られている代表、外務担当者等と会談等も行われます。

開催日初日は、各企業の代表のみ限られた人しか入ることができないようになっています。(これも事前に初日用の入場許可申請を完了した企業のみ)

ちなみにこの記事を書いております竹村は、会場に入ることができなかったので、中継されている開会式のセレモニーをホテルのテレビにて拝見しておりました。

中国国際輸入博覧会2019

2)決裁権限のあるバイヤーが訪れる傾向にある

展示会にはそれぞれの特徴や専門性があります。
政治色の強い展示会と言われている、中国国際輸入博覧会に関しては、23の各省(福建省、広東省、吉林省、四川省など)に対して、この輸入博にて○元の予算を使うように!とお達しが入るそうです。

つまり、購入意欲があり、決算権限のあるバイヤーが訪れるので、成約率が高いことがこの展示会の特徴として挙げられます。成約率が高いということは、それだけ中国進出へのきっかけになる可能性が高いということです。

特に、工業製品をはじめ、今後中国市場が求めている、必要性の高い分野である医療機器、養老介護にまつわる分野に関してはバイヤーの意識は高いことでしょう。

中国国際輸入博覧会2019

3)事前申し込みから徹底された警備体制

中国国際輸入博覧会は事前申し込み制となっています。
(パスポート、顔写真等の提出が求められます!)

10月末には一般バイヤーの事前申し込みも終了するので、限られた人しか入ることができないのも特徴のひとつです。(他の展示会だと、入り口で当日申し込みでも入れる可能性もあるので!)

当日は最寄駅より警察官、こちらで言うセコムのような警備会社さんが配置されていて、持ち物検査、そして、会場の入り口ではかなり高性能な顔認証システムも配備されています。

人の流れも徹底的に管理されているので、逆方向に歩こうとするならば、ピピーと笛を鳴らされて怒られますので、気をつけてください!

これは習近平国家主席が会場に来られていることもありますし、テロ対策や、とにかく人がたくさん集まることをよくは思わない中国ならではの徹底配備だと考えられます。それにしてもすごかったです…

中国国際輸入博覧会2019
手荷物検査もしっかり!!

中国国際輸入博覧会 JETROから参加する意味

展示会ベテランの方は、自身の企業で展示会に参加するのもひとつの方法だと考えられます。ですが、これを読まれている方で、出展初めて!チャレンジしたい!という企業さんはJETRO(ジェトロ)をおすすめさせていただきます。

1)申請手続きのサポート

これは大きなポイント!!中国国際輸入博覧会の申し込みは中国語がメインとなっていて、中国語が分からないとそもそもの手続きに時間がかかります。サポートがあるだけで申し込みの負担は軽くなるはずです。

2)一般展示会よりも安い価格にて出展可能

JETRO管轄のブースがひとつにまとまっており、その中で各企業さんが展示を行います。実際の1ブースの価格よりも、3分の1の価格にて出展可能となっています。出展コストが下がるのでチャレンジもしやすくなります。

中国国際輸入博覧会 参加するメリット・デメリット

中国国際輸入博覧会2019

・メリット

1、中国国内の購買意欲の高いバイヤーと出会うことができる
2、JETROからの出展であれば、比較的安い価格で出展可能
3、中国以外の最新の情報に触れることができる

・デメリット

1、中国国際輸入博覧会の歴史はまだ浅く、JETROを通してであっても複雑
2、JETROを通しても、中国管理下の元なので、変更や対応に時間がかかる
3、2ヶ月前より事前申請がはじまり、実際の警備もがかなり厳しい
4、業界の幅が広すぎて(工業製品、医療機器、消費財、自動車、衣料、ライフスタイル等)あるので、バイヤーの幅が広すぎる
5、消費財よりも、工業製品等の受容が高い傾向にある

中国国際輸入博覧会の費用対効果はあるのか?

中国国際輸入博覧会2019

これはもちろん「YES!!」です。
その理由は「顧客の反応(フィードバック)を間近で見られるから」です。

いきなり中国に会社を立ち上げることは難しかったりしますが、お客様のリアルな反応を見たり、聞いたり、実際に会話をすることで、市場から求められていることを知ることができます。

もちろん、展示会をきっかけに中国企業さんとの取引も増える可能性があります。また世界各国から着ている展示会出展者さんとのつながりも可能性があるので、出展することのメリットはあります。

ただし、出展するだけでは、その後のお客様との継続的なコミュニケーションが取れないので「Wechat」での連絡先交換等を準備しておくこと。中国語のメニューや展示会資料も準備しておきましょう!

中国国際輸入博覧会へのお申し込みの流れ

【JETROから出展する場合】についての説明を書かせていただきます。
この内容は2019年度募集になりますので、来年の申し込みに関して、またアップデート情報がありましたら、シェアさせていただきます。

2019年3月上旬:出展意向確認開始(JETROのホームページから申請)
3月中旬以降:ジェトロによる正式な出展募集(ジャパン・パビリオン)開始
4月30日:出展申込み締切
6月頃:出展者説明会

この後から、
・展示会ブースに必要な什器等のオーダー
・当日持ち込む製品の申請
・展示会に参加する人の申請
・招待客(VIP)の申請

このあたりの諸所手続きを行なうことになります。

編集後記

中国国際輸入博覧会2019

今回、はじめて中国国際輸入博覧会に参加させていただきました。
日本よりもさらに大きな展示会のエネルギーは、行く度に多くの刺激を与えてくれます。

何より、今回の顔認証システムや警備体制。そして、世界を見据えた市場へのアプローチの仕方、それに対する世界各国の反応を見ていると、これまで以上に中国市場に対する見方が積極的なものとなり、同時に大きな影響を与えていることを感じます。

実際にどんな企業さんが出展されていたのか、写真での紹介も行いたいと思っています。様々な展示ブースを見ると、きっとイメージも湧くことでしょう。

2020年11月には第三回の中国国際輸入博覧会が開催されます。ぜひチャレンジされる企業さんが増え、日本製品が中国市場にさらに広がることを願っています!何か分からないこと、気になることなどありましたら、お気軽にご連絡ください。

海外へ商品の販路開拓・拡大をご検討の方、当社へお気軽にご相談下さい。「メールで相談する」「担当との面談を希望する」

自社開発プロダクト

  • プラセンタジェル
  • フェイスマスク
  • モイスチャーピーリングジェル

UTS グループ

  • UTS JAPAN
    社名UTS JAPAN株式会社(UTS JAPAN Co.,Ltd)
    住所〒810-0023
    福岡市中央区警固2-17-26秀和警固レジデンス102号 [MAP]
    TEL+81-92-732-0880
    WEButs-jp.com
  • ラ・ナチュール
    社名ラ・ナチュール株式会社(La Nature.Co.,Ltd)
    住所〒810-0023
    福岡市中央区警固2-17-26秀和警固レジデンス102号 [MAP]
    TEL+81-92-707-0996
    WEBla-nature.jp
  • UTS 上海
    社名宇拓司貿易(上海)有限公司
    (Universal Trading Services Shanghai Co.,Ltd)
    住所上海市徐汇区虹桥路808号A8幢8158室 [MAP]
    TEL+86-21-3363-2163
    FAX+86-21-3363-2163*104
    WEButs-sha.com
  • UTS 香港
    社名Universal Trading Services (HK) Ltd
    住所RoomD, 18/F., Mai Wah Industrial Building, 1-7
    Was Sing Street, Kwai Chung, New Territories, Hong Kong [MAP]
    TEL+852-2421-6655