FAQ

よくあるお問合わせ

中国向けに自社商品を販売したいのですがどのような流れになりますか?

まず、ヒアリンングとしては下記内容になります。

・御社の商品が消費材であるか、工場材であるか?
・中国に販売可能な商品か?(軍事転用可能な製品や、輸入禁止商品でないか)(化粧品の場合、輸出制限が多くある)
・商品の特徴(特に強み)、日本国内での実績、価格など全般情報のご提供
・中国市場のニーズと合致するか調査
・御社の中国戦略(どうやって、どれぐらい販売したいか)の確認
・費用算出

中国の化粧品の定義について教えてください

化粧品とは、塗布、噴射、或いはその他の擬似方法で、人体(皮膚、毛髪、ツメ、唇歯等)に使用し、清潔、保養、美化、装飾、外観の変化または体臭を緩和し、良好な状態を保つことを目的とする製品という、としています。そのた食用、治療用に関する商品は健康食品または薬品として申請することになります。

日本の医薬部外品は、中国の化粧品に該当しますか?

中国の化粧品は、「特殊用途化製品」と「非特殊用途化製品」に分けられています。

「特殊用途化製品」:育毛用、ボディケア用、バスト美容用、ヘアカラー用、パーマネント用、日焼け止め用、消臭用、シミ取り用、脱毛用、の9種類があります。

「非特殊用途化製品」:ヘアケア、スキンケア、メークアップ、ネイルケア、芳香の5種類があります。

日本の医薬部外品は、特殊化製品か薬品になる可能性がありますので、化粧品の成分表、品質基準、パッケージの確認が必要です。

申請の流れを教えてください。

1)「特殊用途化製品」の申請:
サンプル検査→申請資料確認→CFDA受理センターに提出し審査→CFDA審査員会による技術評価審査(月一回)→CFDA薬品化粧品注冊司による再審査→「輸入化粧品衛生許可証」の発行

2)「非特殊用途化製品」の申請:
サンプル検査→申請資料確認→CFDA受理センターに提出し審査→CFDA専門家による評価審査(随時)→CFDA薬品化粧品注冊司による再審査→「輸入化粧品衛生許可証」の発行

申請期間を教えてください。

「特殊用途化製品」は6ヶ月以上必要です。
「非特殊用途化製品」4~5ヶ月以上必要です。
一般的に、トータルでは申請から最速で9ヶ月は必要とされます。

申請費用について教えてください。

申請費用は下記4つに分けれています。
①申請代理費用
②サンプル郵送料金及び通関料金
③サンプルの検査費用
④そおた公証費用、翻訳料金
一般的に、申請費用の総額は1SKUあたり、1.5万元(約25万円)以上とされます。

中国向けに化粧品を輸出する上での制限とは?

中国への化粧品を輸出を行う場合は、中国ではCFDA(国家食品安全監督管理総局)が発行する「輸入化粧品衛生許可証」の取得が義務付けられています。「輸入化粧品衛生許可証」の有効期限は4年です。期間延長手続きもあります。

海外へ商品の販路開拓・拡大をご検討の方、当社へお気軽にご相談下さい。「メールで相談する」「担当との面談を希望する」

UTS グループ

  • UTS JAPAN
    社名UTS JAPAN株式会社(UTS JAPAN Co.,Ltd)
    住所〒810-0023
    福岡市中央区警固2-17-26秀和警固レジデンス102号
    TEL+81-92-732-0880
    WEButs-jp.com
    ラ・ナチュール
    社名ラ・ナチュール株式会社(La Nature.Co.,Ltd)
    住所〒810-0023
    福岡市中央区警固2-17-26秀和警固レジデンス102号
    TEL+81-92-707-0996
    WEBla-nature.jp
  • UTS 上海
    社名宇拓司貿易(上海)有限公司
    (Universal Trading Services Shanghai Co.,Ltd)
    住所上海市徐汇区虹桥路808号A8幢8158室
    TEL+86-21-3363-2163
    FAX+86-21-3363-2163*104
    WEButs-sha.com
  • UTS 香港
    社名Universal Trading Services (HK) Ltd
    住所RoomD, 18/F., Mai Wah Industrial Building, 1-7
    Was Sing Street, Kwai Chung, New Territories, Hong Kong
    TEL+852-2421-6655